転職を考えるなら『テクノロジー』を味方につけろ!

今、『先が見えない時代』・『大変革の時代』などと言われ激動の時代に入っています。

 

  • 会社の将来性が不安…
  • 給料が安くて不満がある…
  • 残業が多くて休みが少ない…

など

 

夜も眠れないほどの悩み・不安を感じてながら仕事をしているのはほんとに辛いですよね…。

 

いざ転職を考えるけど、自分にはこれといったスキルもないし、確かな経験・自信もない…ただ漠然とした将来の不安だけがある…など一歩踏み出そうとしてもなかなか勇気がわかないものです。

 

転職をして自分を変えたいけれど行動することができなくてもどかしい思いをしているのではないでしょうか。

 

あなたは不満や不安を抱えていながらも『今の生活が安定しているからまだ先でいいや』なんて思ってダラダラと仕事を続けていけていると10年後には取り返しのつかないことのなっていることでしょう。

 

なぜなら、AI《人工知能》やロボットなどテクノロジーが急速に進化によって、あなたの会社がなくなり、仕事がなくなってしまうという可能性があるのです。

 

このままあなたがテクノロジーに興味を持たずつくられた仕組みの上で働いているのであれば、AIやロボットに仕事を奪われるというのは時間の問題でしょう。

 

そうなる前に、あなたがテクノロジーをいう武器を持ちAIやロボットには置き換えることができない創造性のある仕事をしていかなくてはいけないのです。

 

テクノロジーを使ってサービスをつくったりとアイディアをいかに早く形にできるかということがこれから求められるスキルとなってくるのです。

 

これから必要とされる人材になることで、転職が成功するばかりか、年収も上がり、さらに多くの場所で必要とされ、想像もつかない幅広い世界で自由に活躍することもできるでしょう。

 

そして、今よりも豊で楽しい生活を送ることができることは間違いないでしょう。

 

世界的企業の経営者が語るこれからの時代

 

あなたも知っている世界的有名な企業であるGoogleのceoラリー・ペイジが2014年に語った言葉です。

 

『20年後あなたが望もうが望むまいが現在の仕事のほとんどが機械に代行される』

 

パソコンのWindowsを開発した会社、マイクロソフトのビル・ゲイツも

 

『ソフトウェアが運転手やウエイター、そして看護師の代行をするため、仕事の需要がどんどん減っていくだろう。特に大したスキルを必要としない仕事は次の20年でどんどん少なくなる。だけど、まだ誰も心の準備ができていないように感じます。』

 

と語っています。

 

このように今後、あらゆる産業で急速にAI・ロボット化が進んでいくのです。そう、あなたが望もうが望むまいが20年後には間違いなくそんな時代が訪れるのです。

 

それでもあなたは今のままで大丈夫と言い切れますか?

現実を知って!10年〜20年後、約47%の人の仕事がなくなる!?

2014年に英国にあるオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が衝撃的な論文を発表し、雑誌やテレビ、ニュースで話題になりました。

 

今ある仕事は10年後にはドンドンなくなり‥20年後までには約49%の仕事がなくなっていくと予想されています。

 

論文の中でコンピューターに置き換えられる可能性が高いと言われている仕事の一例

代替されやすい仕事

 

悠長なことは言ってられない世界で起こっている現実…

これは、大げさな話ではなく、アメリカに限らず日本を含めた世界中で起こり得ることなのです。

 

実際に、アメリカではAmazonという世界的有名な企業では『AmazonGO』といわれるレジに人がいない無人コンビニを2018年1月につくり、また、『AmazonRobotics』というロボットが棚入れ・棚出しする物流倉庫をつくっています。

 

現在は、人間も部分的には働いていますがいずれかは完全自動化になることでしょう。

 

証券業界でも、アメリカ最大の投資銀行である「ゴールドマン・サックス」という会社では、2000年には600人いたトレーダーが、AI《人工知能》を取り入れたことによって2017年には2人になりました。

 

知ってる?日本でもあの世界的企業が限界にきている!?

今まさに私たちの意志とは関係なく大きな変革が起こっています。

 

そんな激動の時代の変化に気づかないままいつまでも現状のままで生活が続いていけると思っているならかなりヤバイ状態といっていいでしょう。

 

現に、日本で一番の自動車会社の社長が『終身雇用の継続は難しい』と発言されました。

 

あの世界的に有名な大企業がですよ…、それほど不安定な時代に生きているということですね。

 

また、日本で約3万人の大手銀行員、大手家電メーカーで数千人、保険会社で数千人のリストラがされるというニュースがありました。

 

これもAI《人工知能》・ロボット化によって仕事が自動化されたことによる影響です。

 

このように、以前は給料が高いと言われていた銀行員・証券マンなどデータの処理・分析といったAIやロボットが得意な仕事はますます自動化されていくことになるでしょう。

 

あなたの会社はどうですか?一生安泰だと言い切れますか?

 

そう考えるとおのずと答えが出てきますよね。

この激動の時代をどのようにして乗り越えていけばいいの?

この激動の時代をどのようにして乗り越えていくための一つの方法として、IT《テクノロジー》を理解することです。

 

その理由としては、IT技術は急速に進化によって、今まで私たちが仕事としてきたものはAI《人工知能》やロボットなどテクノロジーによって代替されていくことになっていくことでしょう。

 

10年ないしは15年後に、人工知能やロボットにによる大失業がやってくると言われています。

 

けれど、そういった中でその基盤を作る担い手のエンジニアが不足すると言われており、2030年には約79万人のIT人材が不足すると予測されています。

 

テクノロジーを理解した人材の需要はますます増加していくことでしょう。

 

けれど、それだけではいけないのです。

 

そういった人材になって求められるのは、AIやロボットなどさまざまなテクノロジーを活用してどのようなことを問題解決をすることができるか、または創造をすることができるかを考え、実行できるスキルが必要となってきます。

 

これが、AIやロボットにはできない人間にしかできない仕事ということになります。

 

そうなるとテクノロジーの基礎や仕組みを理解していないと、使うことできませんし、創造をするということも難しくなるでしょう。

 

なので、テクノロジーの元になるプログラミングの知識や技術の理解が必要になるのです。