あせもや湿疹

かぶれ、湿疹、汗疹、かゆい太股を解消する方法

あせもは乳幼児だけでなく大人でもなります。あせもが出来るとかゆくてかゆくて辛いですよね。しかし、あせもはかくと広がってしまうのでかくのを我慢しなければいけなく、それがものすごく大変だと思います。しかし、中には太ももにあせもが出来てしまうことがあります。では、何故ふとももにあせもが出来るのか紹介します。

 

どうして太ももにあせもが出来てしまうのかというと、デスクワークで長時間座っている間に太ももの間に汗がたまってしまって、そのまま汗がたまった状態でさらに座り続けることでおこります。ですので、筋肉質や肥満気味の人は足と足の間がせまいため良く起こりやすくなっています。どんな服装があせもができやすいかというと、ジーンズなど風通しが悪い服装やスカートに生足など汗がたまりやすい服装などです。また、仮に太ももに汗をかいたとしても歩いている最中に汗をふき取ることは難しく基本的に汗をかいてもかきっぱなしになってしまうのも原因です。例えば、顔や腕ならタオルや冷感シートなどで汗をふき取ったりなどできるのですが、ふとももはトイレなど人が見えないところに行かないとふき取るのが難しいですよね。そのため汗をかいてもそのまま放置になってしまうのであせもが出来やすいのです。
では、あせもが出来てしまったらどうしたらいいかというと、まずは清潔にするのが一番の対策です。毎日のシャワーでよく汚れを落とすようにしてください。また、湯船に浸かる場合は38度くらいのぬるいお湯にするとあせもにも効果的です。このときあまり熱いお湯にしてしまうとあせもの部分が刺激され、余計にかゆくなってしまうので必ず少しぬるいお湯にしてください。そして入浴後にワセリンをたっぷり塗りこむと保湿効果と抗炎症効果もあるのでかゆみを抑えてくれます。それでも治らない場合は医療機関で適切な薬をもらうと早く治ることが出来るでしょう。

 

このように、太ももに汗をかいてしまうと汗を拭くのが難しいため、あせもが出来やすくなります。また、あせもが出来てかゆくなってしまっても人前ではかけないのでかなり辛い状態になります。

 

そのため、できるだけあせもが出来ないように対策を考えることが大切です。例えば、ジーンズなど空気が通りにくい服は避ける、常にタオルか冷感シートを持ち歩きトイレに行くたびに太ももの汗をふき取るなどの対策をするだけでずいぶん症状が軽くなるでしょう。汗っかきの人は特に注意して生活しましょう。